はじめまして

占いとは何だろうか?

この問いに明確な答えを自分は見いだせずにいる。
実際に占い師という職を持ち、現場を経験してきた
感想からすると

ネットなどで占いをする人(電話鑑定、チャット鑑定)は
占いを望みを叶えてくれるものだと思いがちである。

ネット鑑定において一番聞かれる相談内容は

「相手の気持ち」である

しかしながら相手の気持ち等、本人に聞かない限り
知る由もない。
私自身、占い師のはしくれであるので、相手の気持ちを
聞かれるとタロットを展開し、相手の気持ちを読むが
「当たってます」、「当たっていません」との返事。

なぜ当たっているとか当たっていないと言えるのだろう?
正確に言えば相手の気持ちを私がどう思っているか
当ててくださいになってはいないだろうか?

一方対面鑑定においては

あまり何も考えずに鑑定を受ける方が多い印象を受ける。
これは鑑定料金の体制にも問題があると思う。
安めの料金体制のところは何となくで来る人も多いが
高めの料金体制ではそれなりに考えのある人がくるでしょう。

私自身、占いを受けたことはあるが
はっきり言ってしまえばほとんど当たらないというのが
実情である。

ここで当たるという言葉を定義しなければならない。

私が占いにおいて当たるという言葉を定義するのであれば
まだ知らぬ未来の不確定要素を言い当てた時に当たった
と見なしている。

その条件を満たし方は私の体験では2名のみである。
しかも当たったことを確認するのには10年以上の歳月が
かかっている。

性格判断ですとどの占いでもそれなりふむふむくらい
はなるだろう。

私自身、占いが当たらないので勉強を始めた人間である。
私の未来を当てた方に今は従事しているが、その方は
運命など決まっていると言い切っている。

私自身もそう思っている。
しかしながら運命を言い当てることは非常に困難であると
占いを通して感じている。

占いで未来を垣間見ることは可能でしょう。

では占いをどう活かしていけばいいのだろうか?

その答えを私は見いだせずにいる。
そして、自分の占い論を論じていくのがこのブログの趣旨である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック